通訳案内士という仕事

通訳案内士という仕事
私が通訳案内士(当時は通訳案内業)国家試験に合格したのは、平成3年のことだから、もう27年前のことになる。その直後から仕事をしているので、あれこれ27年の歳月が経っている。ガイドの仕事の他に本業があったので、3年務めたら辞めるつもりであったが、なんと27年もガイド業を兼職として続けている。
それだけ長く続けられている理由は、とにかくこの仕事が面白いからだ。もともと英語が好きで英語の教員をしている頃、この仕事の存在を知って試験を受けてみることにした。最初の試験では一次試験(筆記試験)は受かったものの二次の面接で落ちてしまった。理由も簡単だ。話すことには自信がなかったからだ。こんなことを後輩たちに話すと嘘だろうと言ううが、本当のことだ。二次試験も二回目でやっと合格。
私がこの試験に受かった頃の合格率は、わずか3%~4%であった。当時は司法試験、公認会計士と並んで3難関国家試験のひとつとされていた。合格率から見てもなるほどとうなずけた。すでに英検1級には合格していたもののそれ以上の難しさだったと記憶している。通訳ガイドの予備校に通って二次試験の準備を徹底してやった。1回目の二次試験の失敗の理由もわかった。予備校の対策授業も為になったが、そこでできた仲間と口頭試験の準備を徹底して行った。これが奏して合格につながったと思っている。
通訳案内士の仕事は、報酬を得て外国人客を全国津々浦の観光地などを案内する仕事であるが、そのためには日本の地理、歴史、政治・経済、文化など多岐にわたる知識が必要だ。また、語学力やこういった知識や情報を持っていても通訳案内士に向かない人もいる。心身ともに健康でほがらかで短気でない人、世話好きでユーモアに富んでいる人ならこの仕事に向いている。詳しくは私のホームページにも紹介しているので、そちらをご覧いただきたい。
なんといってもこの仕事の楽しみは、仕事を終えて帰り際にハッグされてとても楽しかった、とても勉強になった、また日本に来るよ、もっと君の話を聞きたかった、などなどお褒めのことばを頂く時ではなかろうか。また、そっとチップを握らせてくれる瞬間もこの仕事の冥利に尽きるのではなかろうか。ガイドの講演会に呼ばれて話すときも同じようなことを言っている。

未分類カテゴリの最新記事