通訳ガイドの魅力と資質

「通訳ガイドの魅力とは何か」と問われたら、報酬は別にして「さまざまな国の人との出会いだ」と答えるでしょう。来日客の国籍、職業、来日の目的、性格、関心事、話す英語もさまざまです。しかし、日本での観光を楽しみたいという点ではみなさんが共通しています。

 ガイドという仕事は外国語を駆使して外国からのお客様を観光地などに案内する仕事ですから、外国語が堪能であることは当然ですが、言葉と同じくらい大切なのはやはりガイドの態度です。 

来日してくるツアー客の国籍、職業、来日の目的、性格、関心事、話す英語もさまざまです。しかし、日本での観光を楽しみたいというのはみんなに共通している点です。

私たちがツアーを通して接するのは限られた短い時間ですが、工夫次第では密度の濃い接し方ができます。私は車中でも一方的な説明にならないように、常にツアー客から質問にはその都度お答えしています。また、その日のツアー客があらかじめ分かっているような場合は、そのグループにふさわしい話題をすることにしています。

私が担当している都内のツアーは毎回10カ国以上の国からのお客さまです。従って、一口に英語と言っても、お国なまりの強い英語であることが多い。駆け出しの頃、そんな英語には苦労しました。言葉という物は、聞き取れないと一旦思い込んでしまうとほんとに聞こえないものです。

やはり、ツアーガイドの醍醐味と言えば、「さまざまな国からのお客さまとの出会い」にあると思います。ガイドの仕事は一期一会を大切にすることです。

 

理想的なガイドは以下のような人です。

  1. 当該外国語に堪能である
  2. 朗らかでユーモアがある
  3. サービス精神が旺盛である
  4. 人の世話をするのが好きである
  5. 心身ともに健康である
  6. 融通が利く
  7. 時間観念がある
  8. 方向音痴でない

以上のような方は、ガイドに向いていると思います。ガイドという仕事は外国語を駆使して外国からのお客様を観光地などに案内する仕事ですから、外国語が堪能であることは当然ですが、言葉と同じくらい大切なのはやはりガイドの態度だと思います。

語学が達者になってくると、つい早口になり、難しい語彙を使って説明しがちですが、常に一人一人のお客さまの立場に立ち「おもてなしの心」を忘れずにしています。もう一つ、私が心がけていることは雰囲気を和ませることです。説明ひとつする場合でも、ユーモラスに行っています。